日比谷ミッドタウン3階 瓢亭

日比谷ミッドタウン3階の瓢亭

伝統的な京料理を味わえる老舗 京都本店は、総業400年余りのミシュラン老舗料亭です。
日比谷店でも、お茶室や個室も完備しています。

カウンターで懐石ランチ 12,000円のコースをいただきました。18,000円コースとお昼懐石は2種です。


店内に入ると圧巻のL字形のカウンター席は12席。
カウンターには畳が敷かれています。
初めての畳カウンター!洗練された無駄のない装飾、京都を感じさせる
凛とした和の空間はとても落ち着きます。



美しいガラス細工と思われるお魚の置物がとても気になりました。



へぎ板網代の天井でしょうか~和にも洋にも合いそうな憧れの天井



先付



お月見の卵真丈 出汁にうっとり~ お月見🌕秋近し



京都でも飲んだ事のある宇治玉露 玉兎 京料理に合う厳選茶葉使用香りと
風味豊かです。



メニューには、高価希少なお日本酒も取り揃えています。
焼酎森伊蔵や日本酒十四代等



翡翠の様な美しい冬瓜包の中は具だくさん




瓢亭の八寸は名物の卵を中心に季節のいちじく天ぷら、鮎、栗、穴子等
どのお品も他を邪魔しない、飽きのこない、計算された日本の四季の美味しさを感じるアートです。

そもそも八寸って?
必ず懐石に含まれていて、8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆
の意味で、そこに盛りつけた料理も八寸と呼んでいるんですね。



焼物は鮎の子持ち味噌詰め
火入れ具合が最高で丸ごと余すところなくいただきました~



季節の枝豆はとても香りが華々しく、おかわりも出来ます。



和に合う生姜トッピングの卵のアイスと季節の桃で、ごちそうさまでした。
また訪れたいです。

 

デリバリーサービスはこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »